アフィリエイト初心者の検索連動型広告の効果

コストかかっていいから、手っ取り早くアクセスを集めたいなぁ

 

 

と思っている方もいらっしゃるのではないしょうか?

 

どうもインフォ消防士です。

 

コストは必要としますが、

 

検索連動型広告を利用すれば、すぐに上位検索されることも夢ではありません。

 

今回は、検索連動型広告について解説していきます。

 

 

①検索連動型広告

 

・検索連動型広告とは

 

検索サイトで、キーワードと連動して検索結果に表示されるテキスト広告のことを

 

検索連動型広告といいます。

 

ネットサーフィンとかしていたら、以前調べた欲しいものが

 

バナー広告や、検索結果の1番上に2つほどで出てくることがありませんか?

 

あれが検索連動型広告です。

 

GoogleのAdWordや、Yahoo!リスティングが大半を占めています。

 

 

・検索連動型広告のメリット

 

最大のメリットは、すぐにアクセスを集めることができる

 

これに尽きます。

 

SEO対策を実施して、上位表示をねらっても数カ月、

 

あるいは数年かかることもありますが、

 

検索連動型広告ではライバルよりも高い広告費と広告文を出せば

 

その日から検索結果にでてくるようになります。

 

先ほども言いましたが、目立つ位置にあるため、アクセスは簡単に集められます。

 

 

 

・費用対効果について

 

検索連動型広告はクリックで課金されますので、

 

クリックされるごとに広告費が発生します。

 

クリック単価は自由に決めることができますが、

 

競争が激しいワードでは、高くしないとアクセスを得ることができません。

 

ここで考えるべきことが、費用対効果です。

 

報酬よりも広告費が上回っては赤字になります。

 

また、この広告から来る人が全員買ってくれる訳ではありません。

 

 

②実際に使ってみる

 

キーワードにもよりますが、広告単価は自分で決めれるので

 

すでに報酬が発生していて、資金に余裕がある人は↓のリンクを参考に

 

使ってみてください。

 

Google AsWords

 

登録は簡単で、初めてのところから説明に従ってやっていくだけです。

 

 

 

③キーワード選び

 

検索連動型広告に出向するときもキーワード選びが重要となってきます。

 

狙い目なのが、『具体的な名前』です。

 

 

・キーワード選定はSEO対策と同じ

 

SEO対策と同じ感覚でキーワード選定をします。

 

今すぐ買ってくれるユーザーに向けて選ぶことが大切になってきます。

 

ここで勘違いしてもらいたくないのは、

 

SEO対策は無料でできるので、長い目で見て行っていけば問題ありません。

 

しかし検索連動型広告はコストがかかっているので、より濃いユーザーを

 

アクセスさせていく必要があります。

 

資金に余裕があればそこに切羽詰まっている感はぬぐえますが、

 

まだギリギリの状態であれば、よりキーワード選定で

 

購入意欲のあるユーザーだけをアクセスさせることが重要となってきます。

 

 

・具体的な名前を選ぶ

 

以前も、『SEOの基本』でも解説しましたが、

 

具体的な名称で検索したユーザーほど濃いユーザーですので

 

キーワード選定もそこを狙って選定していきます。

 

例えば、

 

プロテイン、筋トレ、ダイエット

 

と大きくキーワード選定するのではなく、

 

SAVAS(プロテインの有名なブランド)、胸筋、お腹周りのダイエット

 

など、グッと具体的なものに近づけます。

 

こうすれば、SAVASのプロテインがきになっていて、

 

プロテインを飲んで胸筋を付けたい人がやってきます。

 

前のままだと、とりあえずプロテインがきになっていて

 

筋トレかダイエットしようかな

 

という人も拾うので、具体的なキーワードよりは薄いですよね。

 

 

このように、1番簡単な具体的化は商品名やブランド名です。

 

しかし、このようなキーワード選定を禁止している広告主もあるので

 

しっかり規約を確認するなどしてください。

 

商品名で絞れないならば、

 

育毛剤、プロテイン、格安SIM、などジャンルで絞ります。

 

 

・キーワードが思いつかない

 

なかなかキーワード選定ができない!

 

という方は、自分が取り扱う商品のページを見て、

 

繰り返し使われているキーワードを使うのもありです。

 

また、そのページのカテゴリ分けのところから

 

キーワードにしてもいいと思います。

 

 

 

まとめ

 

連動型広告について理解いただけたでしょうか。

 

検索連動型広告はコストがかかりますが、

 

アクセスはサクッと稼ぐことができます。

 

また、自分のキーワード選定によっては、より濃いユーザーを

 

集めることができるというのもポイントですね。

 

キーワード選定がなかなkできない人は、

 

楽天やAmazonなどで自分の関連商品がどんな部類にカテゴリ分けされているのか

 

というのを見るのも参考になると思います。

 

 

以上インフォ消防士でした。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト唯一のオススメ教材
プロフィール


管理人:インフォ消防士

0からアフィリエイトと投資(日経225)をスタートして約4年でなんとか基本給超えたので辞めました。
教材と雑記ブログで稼いだのでその情報をここでは発信していきます。
詳しいプロフはこちら

ブログランキング
カテゴリー

ページの先頭へ