成約率と成約ポイントについて|初心者アフィリエイト

どうもインフォ消防士です。

 

更新していけてますか?

 

成約がなかなか伸びないな…

 

という人もいるんじゃないんでしょうか?

 

 

今回は成約率とポイントについてお話していきます。

 

 

①成約率を意識しよう

 

三カ月ぐらい経てば徐々に成果が

発生してきているのではないでしょうか?

 

 

週に1件2件とかそのぐらいですかね?

 

凄い人はもっと成果を上げているかもしれません。

 

 

金額が少なくても、成果が出ているということは

 

しっかりとリードできているということですので

素直に喜んで大丈夫です。

 

 

しかしここでミソなのが

月5万円以上稼ぎたいのであれば

 

成果の発生ではなく、

 

 

成果がどれだけ確定して成約に至ったのか

 

 

を見直すようにしてください。

 

 

10件成果が上がって1件の成約だと

成約率は10%ですよね?

 

 

しかしここで目安になるのは

 

成約率は最低でも

30%を目指してください。

 

 

できたら50%以上が好ましいです。

 

 

②成約ポイントを確認する

 

成約ポイントが低いと

 

どれほど報酬が高くても成約に結びつかなければ

無意味ですよね?

 

 

クレジットカードが成約しないことがある

ということを以前の記事でお伝えしたことがあります。

 

 

しかし、クレジットカードは意外と

成約ポイントは高いほうだと思います。

 

 

ですので、今取り扱っている商品の

 

成約ポイントを見直す必要があります。

 

 

成約率を高める方法

 

 

①対象者を考える

 

クレジットカードを例にとると

 

クレジットカード審査に落ちた人でも通りやすいクレジットカード

 

という記事を作ったとします。

 

んー、1度クレジットカード審査に落ちた人が

もう一回審査を受けて通ると思いますか?

 

違いますよね。

 

 

なので、クレジットカードならどの層を狙うのか…

 

 

審査に通った人たち

 

 

を狙います。

 

じゃあすでに持ってんじゃん

 

って思いますが、

クレジットカードによって特典やサービスは様々です。

 

 

こういうライフスタイルの人はこのクレカで~

 

ポイントが欲しい人はこっちのクレカがいいです~

 

って一つ一つあてはめていけば

 

見ている側の選択も狭まってきてクリックしやすくなってきます。

 

 

記事の内容によって

ターゲットをしっかり成約する人に絞ることが大切です。

 

 

②成約率の高い案件を選ぶ

 

これはかなりシンプルですが

 

支払方法とかを比較してみると分かりやすいですが

 

クレジットカードのみ

 

銀行振込OK

 

の2つだと後者のほうが支払方法が多くていいですよね。

 

 

クレジットカードのアフィリエイトをするってことは

まだ持ってない人もいるわけですから

 

クレジットカードのみなら買えないよ…

 

というもったいないことをしないためにも

 

支払方法などを比較して成約率の高いほうを選ぶのがべたーです。

 

 

③ワクワクさせる

 

これはかなり大事ですよね

 

注文したら待ち遠しくて仕方ない

といった気持ちにさせれば、

 

返品などはしないと思いますので、

コンテンツのもっていきかたというのも大切になってきます。

 

 

クレジットカードとかでは無理じゃない?

 

と思うかもしれませんが

 

便利性でそういう気持ちを演出してあげればいいのです。

 

 

光熱費も引き落とされてポイントも貯まって

そのポイントで洋服が買える

 

など、どこかわくわくさせることがあっていいと思います。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

成約率について考えたことがなかったひとは

いまからでも全く遅くありませんので

 

確認してみてください。

 

当サイトNo.1教材レビュー 5万円では済まない!?

カテゴリ:収益化  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト唯一のオススメ教材
プロフィール


管理人:インフォ消防士

0からアフィリエイトと投資(日経225)をスタートして約4年でなんとか基本給超えたので辞めました。
教材と雑記ブログで稼いだのでその情報をここでは発信していきます。
詳しいプロフはこちら

ブログランキング
カテゴリー

ページの先頭へ