初心者が記事を書き続けるには

100記事余裕って思ってたけどなかなかしんどいな…

 

どうもインフォ消防士です。

 

いざ100記事書いてみようと思ってもなかなか書けませんよね。

自分も余裕じゃんとか思っていましたがなかなか書けなかったのを思い出します。

 

 

そこで今回は初心者の方が記事を書き続けるには

どうしたらいいかというコツについて書いていきます。

 

 

 

初心者が記事を書き続けるコツ

 

自分が最初書き始めたころのあるあるというか

陥ってしまいがちな心境などの対策やコツをご紹介します。

 

 

 

ネタがない

 

特化サイトだとネタがないっていう状況に陥ることがあると思います。

 

こういうときにもってこいなのがインプットです。

 

いつも記事を書いているときは情報発信をしているのでアウトプット

でアウトプットばっかりしていると頭の中が空になりますよね?

 

 

そこでインプットをしない限りユーザーにとってためになる記事は書けません。

 

 

急がば回れっていう精神ですが、ネタがなくなったら思い切って

自分のコンセプトの勉強や情報収集をしたほうがいいですね。

 

 

初心者のときは特に記事を書くことにいっぱいいっぱいになるので

なかなか記事を書いて情報収集をして、という作業はできません。

 

 

ですのでメリハリをつけて

記事を書くときはしっかり記事を書く、インプットするときは腰を据えてインプットしてから記事を書く

 

 

そうでないと上辺だけなぞったインプットだと、その記事も上辺だけの記事になってきます。

 

 

特化サイトの場合は狭く深くといった具合でしっかり調べてください。

 

とくにレッドオーシャンで差別化を図りたいという初心者の方は

独自コンテンツで強みを出していくしかないので自分がやったときに感じたこと、結果などを踏まえるとユーザーの反応も良くなってきます。

 

 

特化サイトに至っては、ジャンルにもよるんでしょうけども

そのジャンルごとのモチベーションの持ち方とか、

その他っていうカテゴリーで書いてもいいかもしれませんね。

 

 

恋愛系なら美容を保つにはっていうのも言えますし

 

筋トレ系なら続けるためのモチベーションの持って生き方とか

 

iPhoneなら画面割ったときのショックの対応とか(笑)

 

 

特化サイトもいろいろ話のつっつきようはあります。

いかにペルソナが何で悩んでいるかというのを絞り出すのが必要ですよね。

 

 

そこから内部リンクで繋がる記事を書いて

そこからアフィリエイト記事に流すとかやり方はいっぱいありますね。

 

 

雑記ブログの場合はネタがないなんてことはないと思いますが(笑)

 

何書こうかなって迷ったら、初心者におすすめなのが

本やマンガの紹介ですね。

 

 

これは最終手段に残しておいた方がいいと思いますが(笑)

これまでに本やマンガを読んだことがないって人はおそらくいないと思います。

 

 

自分の年代の人におすすめの本や、

自分の職種の本とか、とくにそういった本って単価もそこそこ高いですから

還元もマンガよりかはましですよね。

 

 

他にも資格を取ったときの勉強した教材とか

そこをAmazon楽天でやっていけば記事が書けないってことはないですね。

 

 

あと、季節感を出すのは大事だと思います。

冬前、冬に夏物売っても売れないのは当たり前なので

その編のマーケティングはしっかり考えてやってくださいね。

 

 

 

こんな記事でいいんだろうか?

 

初心者の方が書き始めてまず思うこと、

 

こんな記事でいいのか?

 

いいんです!

そんな記事でいいんです

 

何故かというと

だれしもそうだったから。

 

みんな最初からいい文章いい記事を書ける人はいません。

みんなやりながら鍛えているんです。

 

 

ましてや最初なんて書けるわけがないので

初心者はなぜ100記事を目指すのか』でも書きましたが

操作に慣れるというのとブログ筋を鍛えるためです。

 

 

ノウハウはたっくさんあるけど1記事も書いたことがない

という人と

 

ノウハウは1つしかしらないけど1記事書いたことがある

という人で

 

 

どちらが月5万円に近いのか

というと圧倒的に後者ですね。

 

 

なぜなら行動を起こしているから。

 

記事を書かない人がどうやってアフィリエイトで稼ぎましょうか?

 

 

とにかく最初はこんな記事でいいのか?

って思ってもガンガン書き続けてください。

 

 

そもそも記事に正解なんてないので、

報酬が発生しているからいいという訳ではありません。

 

まさに百聞は一見に如かずということですね。

 

あなたはどんどん前に進んでいってください。

 

 

 

なんでこんな記事でもいいんだろうかでいいのか?

 

これまでの記事でもたくさんこの話はしていますが

なんで、こんな記事でも投稿していいのか

というと

 

ブログはやり直しがきくから。

 

ここは他の副業やビジネスと比べて

ブログやサイトアフィリエイトの最大のアドバンテージです。

 

なぜ初心者は100記事を目指すのか

でも書いたように、ブログ筋がついてくれば

昔の記事をやり直し、リライトができます。

 

 

記事を書き続けていって、こんなでもいいのかな?

って思ってもOK、また書き直せばいいんだという気持ちで投稿してください。

 

 

実際、自分も投稿した後に、

あ~やっぱりあの話も入れ込んでおこう

なんてことはよくあります。

 

 

リライトしてくと誤字脱字が見えてきたりとか。

 

やり直しってかなり大事なんですよね。

そういった面でも。

 

 

なので怖がることなく、ブログはやり直しがきくんだ

と思って投稿していきましょう。

 

 

 

オリジナル作品をいれるかどうか

 

SEO的に自分で描いたイラストとかを入れ込むともちろん効果的ですが

初心者のうちはまずはガンガン記事を書いて、

差別かは自分にしか出せない組み合わせで勝負していきましょう。

 

 

イラストとか書ける人はどんどん入れていっていいと思います。

むしろ入れた方がいいです。

(多才は羨ましいww)

 

 

先ほどの本でも本とカフェとコーヒーとって組み合わせ出来ますし、

雑記ブログの場合はとにかく個性が出しやすいので

自分色を強調するためにも、ガンガンガンガン記事を入れていきましょう。

 

 

ちなみに記事を入れていくなかでも、

 

今日は何を食べて、何をしました

とか小学生並の感想をブログに書いている人をたまに見かけます。

(もちろん上位表示ではないです)

 

 

これも独自コンテンツなんでしょうが一般ピーポーの自分たちの日常は

正直いって誰も興味ありません。

 

 

ユーザーは自分たちの日常じゃなくて、

 

 

ユーザーと同じぐらいの境遇の人がどんな良いところのカフェにいっているのか

 

どんな本を読んでいてどんなところで読んでいるのか

 

どんなiPhoneを使って、どんなことに活用しているのか

 

 

ここが気になるわけですし、お悩みどころなんです。

 

独自コンテンツをって意識しすぎて

逆にただの日記みたいになってしまうっていうのは気を付けてください。

 

 

どういう理由でユーザーはこのページに来たのか

どういう情報が欲しいのか

 

かゆいところに手が届く記事を書けたらいいですよね。

 

 

それがオリジナルコンテンツだと思います。

 

 

 

記事を書いたから稼げるのか?結局何を書けばいいの?

 

記事を書き続けるという内容に少し逆行しているかもしれませんが…

 

 

 

記事を書いた≠稼げる

 

 

 

という訳ではありません。

 

記事書いた=ブログ筋を鍛えた

 

この方程式は当てはまります。

タイピングだったり記事の流れだったりを勉強する機会になりますからね。

 

どうやったら、=稼げる

になるかというと、

 

 

 

稼げる記事を書いた=稼げる

 

 

 

です。

 

いや当たり前じゃんって思うかもしれませんが

初心者の方はここが抜けていることが多いです。

 

 

先ほどもいったように、

日記調になった記事とかをついつい書いてしまったりとか

 

 

こういうと手が止まる初心者の方が多いんですが(笑)

 

 

結局何を書けばいいの?

っていうのを言うと、

 

 

例えば1ヶ月のスキンケアコースを使ってみて

 

 

1記事目のタイトル:1日目、まず届いて開封して説明書を見てみた

 

2記事目のタイトル:2日目、説明書の通り朝と晩に使ってみた

 

3記事目のタイトル:3日目、今日も朝と晩に使ってみた

 

 

15記事目のタイトル:15日目、1日目と比べてみて

 

 

30記事目のタイトル:1ヶ月使ってみて

 

 

っていうのはナンセンスというのはもうお分かりですよね?

 

 

1日目からを読んでいる人って無駄してますよね?

 

そしてこの方法こそがレッドオーシャンに真正面から突っ込んでいます。

 

 

玄人たちはこのレビューなら2回か3回に分けると思います。

 

 

1回目は注文と届くまでと開封と最初の使用感

 

2回目は15日経ってからの経過報告

 

3回目は30日経ってどうだったか

 

 

正直1日じゃそんな変わらないですよね、スキンケアって。

無駄ですし、ユーザーにとって

 

『2日目、特に変化なしでした…』

 

とかまったくをもって有益な情報ではないですよね。

 

 

ただ使って感想を書いたって先にレビューしている人がいれば

玄人に初心者は駆逐されすのがオチです。

 

 

じゃあどうするのか

 

 

自分がどんな職業なのか、専業主婦なのか睡眠不足のキャリアウーマンなのか

 

これだけでも違いますよね?

 

時間がない人は説明書は朝と晩だったが夜だけ使ってみてこれぐらい効果が出た!とか

 

 

専業主婦で時間がある人は、朝と晩に付け加えて○○をするともっといいとか

 

 

加湿器を使っているのと使っていないのとの差とか

 

 

分かりますか?

 

単に商品を取り寄せてレビューしてっていう訳ではないですよね?

 

何かしら条件を付けてあげるんです。

 

 

これが差別化になりますし独自コンテンツになります。

 

掛け合わせるものは無限大です。

あなた次第なんです。

 

こういう記事を書けば玄人たちとは一味違うコンテンツになります。

 

 

 

初心者が記事を書き続けるコツのまとめ

 

ネタがないにしても自信がないにしても

とにかくやるしかないので、ガンガン記事を書いてください。

 

ぐっちゃぐちゃな記事になってもかまいません。

 

日記もだめ、ふつうのレビューもダメ

じゃあ何を書けばいいの?

 

っていう初心者の方は、先ほど言ったことを書けばいいんですよ。

 

 

もちろんお得情報だって掛け合わせ可能です。

 

 

外仕事の人は紫外線によく当たるのでパックがおすすめです。

OLさんとかはエアコンで乾燥しがちだからこういう洗顔法がいいです。

とか

 

普通におすすめのスキンケア法を言っても玄人たちに埋もれるばかりです。

 

 

どの記事も自分らしさを出して、記事を書き続けてききましょう!

 

 

以上インフォ消防士でした。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト唯一のオススメ教材
プロフィール


管理人:インフォ消防士

0からアフィリエイトと投資(日経225)をスタートして約4年でなんとか基本給超えたので辞めました。
教材と雑記ブログで稼いだのでその情報をここでは発信していきます。
詳しいプロフはこちら

ブログランキング
カテゴリー

ページの先頭へ