初心者は記事を書くとき言いたいことを常に考えろ

なかなか、話の流れが難しいな…

 

どうもインフォ消防士です。

 

あなたは記事を書くときに、どうやって記事を書いていっていますか?

 

思いつきのまま書いていっているでしょうか?

 

初心者の場合は最後に何が言いたいのかっていうのを常に考えて記事の流れを作るといいですよ。

今回は初心者におすすめの記事の書き方を紹介します。

 

 

初心者はどうやって記事を書いていく?

 

思いつくままに書いていくのもいいかもしれませんが、

初心者のうちはそのまま書いてしまうと支離滅裂になることが多いです。

 

 

 

自分が最終的に言いたいことは何か

 

ネタが決まりました、キーワードも決定しています、

もちろんこれらも大事ですが、最終的に何が言いたいのかというのが1番重要です。

 

 

この記事で言ってしまえば、この

 

 

自分が最終的にいいたいこと

 

 

これが1番大事です。

 

極端な話、ここで記事を締めても

 

 

自分がこの記事であなたに1番伝えたいこと

 

 

は伝えたのでOKです。

 

 

記事を作っていく中で、そのネタで1番言いたいこと

ここをしっかり考えて記事構成を作っていく必要があります。

 

今回は『自分が最終的にいいたいこと』を考えて記事構成をします。

 

 

その言いたいことがAmazonで何かを買ってもらいたいなら買ってもらうための記事構成、

 

アフィリエイトリンクを踏んでもらうための記事構成

 

内部リンクを踏んでもらうための記事構成

 

 

といった形にしていきます。

 

ここの部分を強く意識してやっていくといいですね。

 

 

 

 

話の流れを考える

 

話の流れは初心者が書きやすいのは大きく分けて2つ。

 

1つ目が起承転結の書き方。

 

これは中学生ぐらいで習うと思いますが、

問題提起をして、自分の考え方、他の考え方、結果こう言いたい

といった感じで簡単に言えば書いていきますよね。

 

 

この記事だったら、

 

 

問題提起:初心者の記事の書き方ってどうなん?

 

自分の考え方:初心者に書きやすい書き方ってこうだよね

 

他の考え方:他の書き方はこんなのがあるよね、こんな方法があるよね

 

結果:自分が最終的にいいたいことをしっかり考えて書いていくといいよね

 

 

 

といった感じです。

 

でも起承転結で大事なのって、もちろん全部大事なんですが、

とくに最初の問題提起って大事ですよね。

 

 

掴みの部分です。

 

 

ここでユーザーが読んでくれるか読んでくれないか

っていうのが変わってくるんです。

 

 

問題提起の方法も1つではありません。

 

 

初心者のときどうやって記事を書けばいいか分からないですよね

 

初心者の記事の書き方はこうやれば間違いない

 

初心者だろうと師範代だろうと記事の書き方は変わらない

 

 

いろいろありますよね、1つ1つで印象がだいぶ違うはずです。

 

コンセプトとペルソナのことを考えて出だしや構成は決めるといいですね。

 

 

18歳女性に向けて書いているのに

『30代からのお肌のお手入れの仕方きになりませんか?』

 

気になりませんよね。(笑)

 

 

極端な例ですが、そこのズレというのは無くしていかないといけませんね。

 

 

もう1つの書き方として

結承転結の書き方です。

 

つまり最初でドーーンって結果を書くんですよ。

 

 

私はこう思っています!!!

 

 

この記事だったらタイトルで

 

 

初心者はまず言いたいことから書け!

 

 

っていう感じにします。

 

 

結果を書いて、自分の考えをどんどん書いていけばいいんですよね。

このときに問題提起をしてもしなくてもどっちでもいいです。

 

 

してみてしっくりこなければしなくていいと思いますので、

1回考えてみて変だなって思ったら省いてOKです!

 

 

 

記事を書くテクニック

 

 

初心者でも簡単にできる記事を書くテクニックがあります。

テクニックっていうほどではないですが(笑)

 

 

・hタグから書く

これは自分は必ずしているんですが見出しのhタグから必ず書くようにしています。

 

見出しで流れを決めていけば書いていきやすいですよ。

 

 

起承転結で行くなら、

 

h3タグで問題提起をしてh4タグで細かい部分を書いていく

 

またh3タグで考え方っていうくくりで作ってh4タグで自分の考えと他の考え方

 

最後にh3タグで結果とまとめをしてあげればいいです。

 

 

書く内容も見えてきますし、

支離滅裂になる前に見出しで流れがおかしいなってなりますので

話の流れをおおまかにチェックできるからおすすめです!

 

 

そして、他の記事でも書いたことがありますが、

記事の出だしが自分のあいさつの人が多いですよね。

 

 

自分も、どうもインフォ消防士です。って入っています。

でも最初の出だしは変えています。

 

 

なんでかって検索したときに最初の文章ってタイトルの下に表示されますよね。

そこに、どうもインフォ消防士です。って入っていても初めて見る人は

興味をひかれないんですよね。

 

 

正直、自分も含めて、どうもインフォ消防士です。

っていうあいさつなんてただの自己満ですから(笑)

 

ユーザーにとってはかなりどうでもいい文章なんですよね。

 

 

じゃあ何を書けばいいのか…

 

 

リード文とかいろいろありますが、そんなこと言っても難しいし分かりにくいです。

 

ざっくり言うと、タイトルに関係する悩んでいるような文を書けっていうことですね。

 

プロテインだったら

お金ないけどプロテイン欲しいな…何かコスパのいいプロテインないかな

 

とかそういった文章を書いてあげると、

 

どうもインフォ消防士です。

 

っていうよりは興味を確実に引けますよね。

こういった工夫もしてみてください!

 

 

 

記事作成を効率よくするには

 

記事の構成の仕方は分かった。

じゃあもっと記事を書き上げるのを早くしたいなぁって思うと思います。

 

初心者の方におすすめの時短方法を紹介します。

 

 

 

ネタ探しのときに自分が検索するキーワードを覚えておく

 

ヤフー知恵袋やTwitterで情報収集をするときに

ネタを見つけたらメモ帳にメモすると思います。

 

 

そのときに一緒に検索キーワードも書いておきましょう。

 

 

自分がどんなキーワードで調べたか、っていうのを覚えていると

キーワードを調べるときも1からスタートではないので時短になりますよね。

 

 

また、自分がどんなキーワードで調べたのかっていうときに

ライバルサイトも見ているといいですね。

 

 

 

hタグなどは単語登録を行って時短する

 

<h3></h3>や<h5></h5>のhタグをいちいちタイピングしていたら

時間がかかりますよね。

 

 

そういうときは単語登録をしましょう。

 

 

Windows10の単語登録の仕方は7のときと少し違っていて分かりにくいです。

 

単語登録したい単語をドラッグします、

そのあと半角英数字か全角日本語かを選ぶ『あ』もしくは『A』というのが右下にあると思います。

 

そこを右クリックするとIMEパッドや単語登録のオプションが選べます。

 

そこで単語登録を行ってください。

 

 

これだけでかなりの時短になります。

 

必ず使うワードとかがあれば単語登録をしておくことをオススメします!

 

 

 

初心者の記事を書くときのまとめ

 

記事作成に時間を注ぎますが時短できるところは時短しましょう。

 

流れ、文章のきれいさとか大事ですが、なんやかんや1番大事なのは

 

 

最終的に何が言いたいか

 

 

というのを強く考えて記事構成は考えましょう。

 

 

PS.

 

アフィリエイト、いかがでしょうか上手くいっていますか?

 

自分は初めて結果を出したのはアンリミテッドアフィリエイトネオを買って

雑記ブログに挑戦してからでした。

 

それまではいろいろ教材をやったり無料オファーをやったりしても

なかなか結果がでないっていう現状を変えたくてアンリミに挑戦しました。

 

そこから少しずつ稼げるようになっていきました。

 

初心者の自分が少しずつ結果が出せていくことができて

モチベーションもあがりっぱなしでした。

 

どうですか?

少しは結果が出てきそうですか?

 

少し息抜きにでも自分がアンリミのおかげで変わってきた話を見てみてください。

インフォ消防士が成果を出すことができたアンリミテッドアフィリエイトネオのレビュー

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト唯一のオススメ教材
プロフィール


管理人:インフォ消防士

0からアフィリエイトと投資(日経225)をスタートして約4年でなんとか基本給超えたので辞めました。
教材と雑記ブログで稼いだのでその情報をここでは発信していきます。
詳しいプロフはこちら

ブログランキング
カテゴリー

ページの先頭へ