本の読み方|読書も効率的に

超高速で本を読めばどれだけ効果的か。
前回、インプットの大切さをご紹介させてもらいました。

 

 

皆さんはどのくらいのペースで本を読みますか?

 

 

1冊だいたいどのくらい時間がかかりますか?

 

 

本を読むとは言うけど時間がかかって

作業まで行き着かないって方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

どうもインフォ消防士です。

 

 

自分は目標は15分で読むように気をつけています。

 

 

正直、ちんたらちんら読んでる暇はないんですよね。

 

どうやったら15分で読めるの?

 

と疑問に思うかもしれません。

 

方法は簡単なんです。いたってシンプル。

 

 

早く読むんです。

 

 

 

手順を説明すると

 

①最初、目次をバーっと見ます。

 

②そして、本文を流して読んで終わりです。

 

 

いや何も頭に入らんやんって声が聞こえてきそうなので解説します。

 

 

 

まず目次を見る、

 

これはその本のざっくりとした部分部分のテーマです。

 

 

ここにはこういうことが書いてありますよっていう説明ですね。

 

 

正直、これだけでも勉強になるんですよね。

 

 

何の?

 

 

コピーライティングのです。

 

本の題名とか目次をつけているのは

プロのコピーライターのことが多いです。

 

 

目を引くような題名に仕上がってますよね?

 

 

ああいう題名をブログ名にもってこれたら最高ですね。

 

 

そして本文に移ります。

 

たいてい自己啓発とか稼ぐ系の本って

 

大事なところは太線もしくは大きい文字もしくは『』で

囲まれてるんですよね。

 

 

そことその前後だけを見ます。

 

 

それを3、4回繰り返します。

 

終わりです。

 

 

 

は?

 

 

 

って思うかもしれませんね。笑

 

 

でもこれが自分の本の読み方です。

 

 

 

本の全てを勉強しよう!

 

 

 

って思ってじっくり読んでも正直次の日には忘れてます。

 

 

本の中で大事なことを1つ2つ学べばそれでいいんです。

 

そして、3、4回読むところがミソです。

 

 

4回読書術っていうの聞いたことありますか?

 

 

 

勉強とかでとりあえず意味とか理解しないで

 

4回バーっと読んでいくと頭にけっこう入ってるってやつです。

 

 

これがいいんですよ、インプットのときに!

 

 

もうちょっと詳しくって思えばその前後を読めばいいだけなんです。

 

 

最近読んだ本でD.カーネギーさんの『人を動かす』と言う本では

量が多かったのでさすがに15分では読みきれませんでしたが

4回読んで終わりました。

 

 

 

先週読みましたが学んだことは、

 

 

他人を自分の思うように行動させたいならギブしないといけない。

 

 

相手の承認欲求を満たすギブをしてあげれば大抵は動く。

 

 

 

という内容でした。

 

どうでしょう、4回読みでも覚えているもんなんですよ。

 

 

解釈の違いはあると思うので

 

そうじゃないだろ!

 

っていうのは受け付けませんが。笑

 

1冊の本に3時間も4時間もかけてインプットしているのは非常に

もったいないです。

 

 

とにかく流し読みでこんだけ覚えているので

皆さんもやって見る価値ありですよ!

 

 

とくにインプットしたらすぐにブログでアウトプットしてください。

Twitterとか、メモ帳でもいいですが、

せっかく得た知識なのでブログで情報発信していきましょう!

 

 

知識定着にも繋がりスキルアップしていきますよ!

 

 

ぜひ試してみて下さい!

 

 

 

 

無料オファーのレビューです。

 

山口氏の『100万円即金祭り』レビュー

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
サイト唯一のオススメ教材
プロフィール


管理人:インフォ消防士

0からアフィリエイトと投資(日経225)をスタートして約4年でなんとか基本給超えたので辞めました。
教材と雑記ブログで稼いだのでその情報をここでは発信していきます。
詳しいプロフはこちら

ブログランキング
カテゴリー

ページの先頭へ